25 JunACANA アカナ

ACANA アカナというカナダの超こだわりペットフードメーカーであるチャンピオンペットフーズ社のペットフードブランドがとてもオススメです。なぜならこのペットフードの犬や猫にかけるこだわりがすさまじいからです。犬や猫というのは本来穀類など炭水化物が苦手な動物なのです。しかしながら、ペットフードの多くは穀類の配合量が多く、炭水化物が多いペットフードなのです。そんな中このACANA アカナというブランドのこだわりは単純明快です。犬と猫は肉食である。肉食であるからには肉がメインの食事を与えるべきだ。これがACANA アカナのブランドに掲げる「生物学的に適正」というコンセプトです。非常にシンプルで非常にわかりやすいと思いませんか?

犬の先祖は皆様もご存じのオオカミです。オオカミが肉食であることは皆様もご納得だと思います。オオカミを先祖にもつ犬も同じ肉食であることに違いはありません。確かにチワワやプードル、ダックスフンドなどの小型犬がオオカミと全く似ていないことは百も承知です。外見でいうと犬の中でもドーベルマンやマスチフ、土佐犬といったどちらかというと闘犬よりでオオカミにも近いといえる犬とみているだけで癒しになるチワワ等の小型犬とでは大きく異なります。しかし、体の中の構造にはさほど違いはありません。どこまでいっても犬や猫は肉食なのです。カラダの作りからして人間とは全く異なるのです。

ACANA アカナはそのような肉食動物に最適なドッグフードやキャットフードをそれぞれパピー(子犬)やアダルト(成犬)、シニア(老犬)に大きくわけ、それぞれの時期に適切な栄養配分になるようペットフードを作っています。成長の時期に合わせただけではありません。肥満ぎみの犬専用やアレルギー体質や好き嫌いの多い犬向けのペットフードも用意しています。犬といっても人間と同じように色々なタイプ、性質の犬がいます。そのようなタイプ別でペットフードをきちんと分けて提供するこのACANA アカナというブランドのこだわり。使う原材料は全て人間が食べる食材のみしか使用しないというACANA アカナのこだわりがたくさん詰まったペットフードはプレミアムペットフードの名にふさわしいといいえるでしょう。

今すぐプレミアムドッグフードをチェックする⇒ACANA アカナ

25 JunORIJEN オリジン

ORIJEN オリジンとACANA アカナというペットフードブランドを聞いたことはありますか?カナダのチャンピオンペットフーズ社が製造している2大ブランドです。これらのブランドの特徴は「生物学的に適正」というコンセプトです。生物学的に適正ってどういうことでしょうか。我々人間と犬や猫は見た目ももちろん違いますが、人間は雑食動物であり、犬や猫は肉食動物です。カラダの構造そのものが異なるのです。また、食べていいもの悪いものも異なります。人間はたまねぎやチョコレートを食べても問題ありませんが、犬がたまねぎやチョコレートを食べると大問題です。下手すれば死んでしまうこともあります。人間にとって炭水化物は体を動かすエネルギーの源です。人間には炭水化物が必要なのです。しかしながら、犬や猫は炭水化物を摂るのに向いていません。炭水化物を摂ることはむしろあまりよくないのです。犬や猫は肉が中心の食事に適した体になっています。動物性たんぱく質をたっぷりとることが犬や猫にとって最適な食事なのです。

肉食動物である犬や猫の体の特徴にあった肉メインの食事を与えること、これがORIJEN オリジンが掲げる生物学的に適正ということです。アカナの場合動物性たんぱく質の配合率が全体の55~60%ですが、ORIJEN オリジンは肉が全体の80%を占めます。そして、残りの20%は栄養たっぷりのフルーツや野菜、そしてハーブ等の植物で構成されています。ORIJEN オリジンはプレミアムペットフードブランドであるアカナのさらに上位に位置するスーパープレミアムドッグフード&キャットフードなのです。犬や猫にとって最適な食事を提供するということは犬や猫により元気でよりたくましく日々生活を送るサポートにつながります。犬や猫はたんなる動物ではありません。飼い主様にとっては家族同然というより家族です。ファミリーです。そんなに大切な愛犬や愛猫の為に、人間と違って言葉で自分の意思を伝えることができない愛犬、愛猫の為に、人間が与えたものしか食べるものに選択の余地のない愛するペットだからこそ、本当に高品質なプレミアムペットフードORIJEN オリジンを是非おすすめします。

生物学的に適正なペットフードを今すぐチェック⇒ORIJEN オリジン

26 Mayペットフード

どうやってペットフードを選んでいますか?ペットフードを愛犬や愛猫に与えていてどのようにペット達に影響を与えていますか?人間も食べるものによって体の調子を良くしたり悪くしたりするので、体内に摂取するものの品質というのはとても重要となります。ペットにも良いペットフードを与えるのと添加物や穀類たっぷりのペットフードを与えるのとではペットの健康状態も変わってきます。毛並や肌にも違いはあらわれるでしょう。家族の一員であるペットがげんきでたくましく生活していくことを願うのであれば、犬や猫自身では選ぶことのできないペットフードに対してペットオーナーである飼い主がきっちり責任をもって選択してあげましょう。世の中の商品には高品質なものから粗悪な商品までたくさんでまわっています。それはペットフードの世界でも同じです。穀類不使用をうたっているペットフードメーカーであっても肉の配合率が詳しくかかれていなかったりします。その点「生物学的に適正」というコンセプトをもって商品開発に取り組むアカナとオリジンというペットフードブランドメーカーであるチャンピオンペットフーズ社は商品ごとに動物性たんぱく質の配合率、フルーツ、野菜、植物の配合率をきっちりパッケージに記載しており、また、使用している原材料は人間向けの原材料をしており、それを証明しているロゴマークも記載されています。ペットフードにこだわりたいという方には是非オススメのプレミアムペットフードそれが、ACANA(アカナ)やORIJEN(オリジン)です。

今すぐラインナップを確認する⇒ペットフード